WEBのこと

サブディレクトリとサブドメインはどちらがSEOに強いの?事例有り

サブドメインとサブディレクトの使い分け

新規のホームページやブログを始める時に、ドメインを取得しますよね。

ですが、新規でドメインを取得しなくてもサイトを作ることができるんです!

その方法が、「サブドメイン」と「サブディレクトリ」を作るという方法です。この2つの特徴と意味を知って使い分けをしましょう。

本記事では「サブドメイン型」と「サブディレクトリ型」とはなにか、SEOにどう関係してくるのかをわかりやすく説明します。

\ サイト設計はブランディングが重要 /

 > ブランディングがよくわかる本の詳細です

サブドメイン型とサブディレクトリ型の構造

サブドメインとサブディレクトリの構造

サブドメイン型とサブディレクトリ型ではURLの構造が違います。

ドメイン https://izizm.net 元になるURL
サブドメイン https://subdmain.izizm.net 元になるURLの前に入る
サブディレクトリ https://izizm.net/subdirectory 元になるドメインの後に入る

見た目の違いになりますが、サブドメインは元になるURLの前に入り、サブディレクトリ型はドメインの後に/(スラッシュ)がついた形で入ります。

サブドメインとサブディレクトリの違い

サブドメインとサブディレクトリの違い

まずはサブドメインの例をYahoo!で確認します。

  • Yahoo!JAPAN : https://www.yahoo.co.jp/
  • Yahoo!ショッピング : https://shopping.yahoo.co.jp/
  • Yahoo!プレミアム : https://premium.yahoo.co.jp/

このように、サブドメインを使用して複数のサービスを運営していますね。

サブドメインは、元のドメインの分家のような役割で使われることが多く、複数のサービスの運営の際や独立したページを作成したい際に向いています。

 

次にサブディレクトリ型の説明をします。

例をあげると、価格.comがサブディレクトリ型の典型です。

  • パソコン : http://kakaku.com/pc/
  • カメラ : http://kakaku.com/camera/
  • 本・CD・DVD : http://kakaku.com/book_cd_dvd/

サブディレクトリ型はルートドメインの後にスラッシュで区切る形なので、ルートドメインの下層ページのような役割を持ちます。

下層ページのような役割ですので、ルートドメインと関連したサイトを運営したい場合に向いています。

下層ページのコンテンツの質を上げることでルートドメインのドメインパワーも上がりますので、ルートドメインのSEOを強化したいのであればサブディレクトリ型を使いましょう。

広告

サブドメインとサブディレクトリを使い分けよう!

サブドメインとサブディレクトリの使い分け

基本的には上記のように使い分けをしましょう!

冒頭でも書きましたが、その他にサブドメイン・サブディレクトリを使うメリットとしては、「ドメイン代がかからないこと」が有ります。

メインのドメイン(ルートドメイン)を分割してどちらも使う形なので、ドメイン費用はメインサイトのドメインのみです。

しかし、メインサイトのSEOが弱ければサブドメインにも影響を及ぼします。この点だけ注意して使っていきましょう。

まとめ

最後にサブドメイン型とサブディレクトリ型のポイントをまとめておきます。

使い分けをして、わかりやすいサイト設計をしていきましょう!

 > サイトのブランディングを学ぶ