WEBのこと

Advanced Custom Fieldsの全フィールド出力方法【ACFカスタムフィールドプラグイン】

Advanced Custom Fieldsの全フィールド出力方法【ACFカスタムフィールドプラグイン】

Advance Custom Fieldsと言えばWordpressでカスタムフィールドを作成できるプラグインとして有名ですよね。

僕もWordpressの案件でよく使います。

本記事では、《Advance Custom Fieldsの全フィールド出力【ACFカスタムフィールドプラグイン】》について書いていきます。

基本の出力方法

基本的にカスタムフィールドを出力したい場所に上記のコードを記述すると、表示されます。

“hoge”の部分を「Advanced Custom Fields」で作成したフィールド名に直してくださいね。

▼フィールド名は赤枠部分【text】▼

Advanced Custom Fields フィールド名

また、画像など1部のフィールドは出力するためのPHPが違います。本記事で全てフィールドを表示するので、コピペして使ってください。

IFを使った分岐方法

出力するPHPをIFで囲むことで、表示の分岐ができます。

例えばこの場合、「text」と言うフィールド名が入力されている場合は表示。空の場合は表示しない。というように分岐します。

このIF分岐を使わないと、

が表示されるので、余計な空白が出来てしまいます。ですので、必須入力のフィールド以外は全てのフィールドをIFで囲んでおきましょう!

IZ
IZ
それでは、全フィールド出力PHPを見ていこう!

広告

ACF出力:フィールドタイプ【基本】

テキスト

テキストエリア

数値

メール

URL

パスワード

ACF出力:フィールドタイプ【コンテンツ】

Wysiwyg エディタ

画像(返り値が「画像ID」の場合)

画像(返り値が「画像URL」の場合)

ファイル(返り値が「ファイルURL」の場合)

広告

ACF出力:フィールドタイプ【選択肢】

Select

セレクトボックス

チェックボックス

チェックボックス ACFプラグイン

ラジオボタン

ラジオボタン ACFプラグイン

真/偽

ACF出力:フィールドタイプ【Relational】

ページリンク

投稿オブジェクト

タクソノミー(返り値が「Term Object」)の場合

ユーザー

フィールドタイプ:セレクトボックスの時

広告

ACF出力:フィールドタイプ【jQuery】

Google Map

指定した場所の情報(住所・緯度・経度)を取得し、表示させます。

デイトピッカー

日付の表示フィールドの出力方法

カラーピッカー

色の表示フィールドの出力方法

Advanced Custom Fields全フィールドまとめ

本記事では、《Advanced Custom Fieldsの全フィールド出力方法【ACFカスタムフィールドプラグイン】》について書いてきました。

ACFは機能が充実していて、難しそうに見えますが実際に使ってみると簡単です。

出力方法は忘れやすいので、コピペして使ってくださいね!