WEBのこと

【httpからhttpsへ】サイトをSSL化する理由とは?SEO対策になる?

httpとhttpsの違いは?意味は?

ホームページの最初には「http」もしくは「https」がつきますよね。ただ「s」がつくだけなのに何が違うの・・・?

そもそもhttpって何?という人のための解説と共に、httpとhttpsの違いを解説していきます。

【追記】

2018年7月に「常時SSL化」をしていないサイトはブラウザ側で警告が出るようになりました。

セキュリティの設定が強いPCやブラウザからはサイト自体が閲覧できないケースも出てくるため、早急にSSL化をしましょう。

httpとは

HTTPはHyper Text Transfer Protocol(ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコル)の略です。

このProtocol(プロトコル)というのが、Web上で通信をする際に必要な決まり事という意味があります。

人間でいうところの「言葉」になりますね。共通の言葉を決めて会話をしましょうということ。

インターネット上でやりとりするための共通の言語と覚えておいてください。

当サイトだと「https://izizm.net」なので、izizm.netにhttpsで通信してね、と指示(会話)をしているのです。

httpsとは

httpに「s」がついただけの「https」はHyper Text Transfer Protocol over Secure Socket Layer(SSL)/ transport layer security(TLS)の略称です。

これは、httpにSSL/TLSによるデータ暗号化機能をつけているよというもの。

httpの通信を暗号化して送受信しますよ! というもので、セキュリティ上の安全性を高めるために使っています。

昔はショッピングサイトや個人情報の入力の際に安全性が求められていたサイトによく「s」がついていましたが、今では「https」にするのが当たり前になってきました。

では、なぜ一般的に「https」が普及してきたのかというと・・・

広告

httpsにしたほうが良い理由

httpsにしたほうが良い理由

セキュリティ面だけでなくSEOにも良いグーグルが発表をしたから。

個人情報の漏洩防止だけでなくSEOにも関係するとなると「https」にする優先度はぐっとあがりますよね。

その時のGoogleの記事はこちら

以下抜粋

Google では過去数か月にわたり、Google のランキング アルゴリズムでのシグナルとして、暗号化された安全な接続をサイトで使用しているかを考慮に入れたテストを実施してきました。この実験ではよい結果が得られているため、ユーザーがもっと安全にサイトを閲覧できるよう、すべてのサイト所有者の皆様に HTTP から HTTPS への切り替えをおすすめしたいと考えています。

ユーザーのことを考えてhttpsにしている安全性の高いサイトは評価対象ですという見解でした。

僕はこのブログ運営にXSERVERを使っていますが、XSERVERの場合SSL(https化)設定がめちゃくちゃ楽なのでオススメです。

これからサイトを運営する人やドメインを取得する人はhttpsではじめましょう。

今後のhttps化されていないサイトへの影響

2018年7月24日のSSL証明書の導入の促進により、「https化」されていないサイトにどのような影響が出るかをまとめました。

  • 第三者による盗聴・改ざんの危険性がある。(httpサイトはセキュリティが脆弱)
  • セキュリティ設定の強いPCやブラウザから閲覧できなくなる場合がある。
  • SSL化されているサイトの方がGoogleからの評価が高くなり、SEO(検索順位)にも影響が出る
  • ブラウザのアドレスバーに【このサイトは保護されていません】と、常時警告が表示されるようになる。

広告

まとめ

ユーザーにとっても、運営者にとってもhttps化をしていないとこれから先デメリットが多くなります。

もう少ししたら、https化が必須になるので早いうちに対応させましょう!

▼サブドメイン型とサブディレクトリ型の違いを知る▼

サブドメインとサブディレクトの使い分け
サブディレクトリとサブドメインはどちらがSEOに強いの?事例有り新規のホームページやブログを始める時に、ドメインを取得しますよね。 ですが、新規でドメインを取得しなくてもサイトを作ることができる...