WEBのこと

ショートコードをphpで呼び出して表示させる方法【3秒コピペでOK】

コピペで簡単!ショートコードをphpで呼び出す方法

WordPressでショートコードを表示させる時に固定ページや投稿ページに記述しますが、phpファイルにショートコードを呼び出すには書き方があります。

簡単にできます。3秒です。

コピペしてサクッと使ってください。

phpでショートコードを呼び出す書き方

早速コードを紹介します。

 

はい、これだけです。簡単ですね。

コピペをするのが確実です。PHPファイルに貼り付けて使いましょう。

あれ?表示されないぞと思ったら

コードは合っているはずなのに表示されないということはWEB制作のあるあるですよね。

自分でコードを書いた場合にチェックする項目を見ていきましょう。

  • 「echo」を付けているか
  • 全角のクォーテーションにしていないか

こちらをチェックしてみてください。

ショートコード内でダブルクォーテーション(“)を使うことが多いので、ショートコードの囲みはシングルクォーテーション(‘)が良いと思います。

広告

どんな時にphpにショートコードを呼び出すか?

この記事を見ている人は、目的があってみていると思いますが、簡単にこんな時に使うという例を紹介しておきます。

こんな時にphpファイルに書く
  • スライダー系のプラグインをヘッダーに入れる時
  • メディアのギャラリーを挿入する時
  • コンタクトフォームを好きなファイルに呼び出す時

まとめ

本記事では《ショートコードをphpで呼び出して表示させる方法【3秒コピペでOK】》について書いてきました。

ショートコードはWordpressのとっても便利な機能なので是非使いこなしてみてください。

ショートコードをよく使う場合、「Post Snippets」というプラグインを使うとエディタでワンタッチでショートコードを呼だせて便利です。

使ったことのない人は使ってみてください。

▼WEBデザインもチェック▼

国内のWEBサイトデザインギャラリー
【2018最新】サイト制作デザインの参考にしたい国内のWEBサイトギャラリー【10選】WEBデザイナーやフリーランス、デザインに関わる方は他のサイトのデザインも気になりますよね。 自分が作るサイトの参考に見ることも多...

▼フリー写真素材サイトもチェック▼

国内フリー写真素材サイト
全て無料!商用利用可能なフリー写真素材の国内サイトまとめ【12選】WEB制作やブログで欠かせないのが写真やイラストなどの素材! 昔に比べて無料で使える「フリー写真素材のサイト」が多くなった。それも...