WEBのこと

【WordPressプラグイン】リンク切れを自動でチェック。Broken Link Checkerの使い方

リンク切れチェック wordpressプラグイン

サイト内でInstagramやTwitterなどの投稿を埋め込んでいる人に必須のワードプレスプラグインが「Broken Link Checker」です。

リンク切れはSEO的にもよろしくないので、リンクチェックをしていない方はこの機会に導入しましょう。

そして、WEB制作をしている人はクライアントのサイトに導入してリンク切れがないかチェックするようにしてくださいね。

それでは《【Wordpressプラグイン】リンク切れを自動でチェック。Broken Link Checkerの使い方》について書いていきます。

Broken Link Checkerのポイント

WordPressプラグインの「Broken Link Checker」はサイト内のリンク切れを自動で検知して知らせてくれます。

特徴としては、

  • リンク切れをダッシュボート&メールで通知
  • リンク切れの数・リンク名・記事名など詳細にわかる
  • リンク切れに対して、URLの編集・リンクの解除が簡単にできる

などが挙げられます。このプラグインは日本語に対応しているのでわかりやすく使いやすいです。

「Instagram」や「Twitter」、「Youtube」などの動画にも対応しているので、かなり広い範囲でリンクチェックをしてくれますよ。

常に鮮度の高いサイトを維持するために大活躍するWordpressプラグインです。

Broken Link Checkerをインストール

Bloken Link Checker

Bloken Link Checkerからダウンロードするか、WordPressの管理画面の「プラグイン」から検索してインストール、有効化をしましょう。

広告

Broken Link Checkerの使い方

プラグインを有効化するとリンク切れの検知が始まります。ページ数が大量にある場合は検知に時間がかかるのでしばらく置いておきましょう。

検知された結果はメール通知、管理画面ダッシュボード、管理画面ツール>リンクエラーから確認ができます。

Broken Link Checkerの設定

Bloken Link Checker 設定

管理画面の「設定」から「リンクチェッカー」を選択すると設定画面が表示されます。基本的に初期設定で問題ありません。

メールで通知されるのが邪魔だなと感じる方やリンクエラーにCSSを適用したくないという人は確認をしておきましょう。

デフォルトでは、リンクエラーに打ち消し線が入るようになっています。

IZ
IZ
僕は安定の初期設定!

リンクエラーを修正する

Broken Link Checker 修正

管理画面「ツール」に「リンクエラー」という項目が増えているので選択します。

Broken Link Checker リンクエラー

このような画面が表示されるので、ここからリンクを修正していきます。URLをマウスオーバーすることで「編集項目」が表示されます。

「URLを編集」や「リンク解除」から修正をしていきます。リンク切れを起こしている記事名も一番右に表示されるのでわかりやすいですね。

ただし、この画面でリンク解除をした場合「リンク文字」はテキストとして残るので消したい場合は記事から削除しましょう。

「無視」を選択した場合は「無視タブ」に無視リンクが溜まっていきます。このリンクの修正は後回し!っていう時に無視が使えそうです!忘れないようにだけ注意ですが!

広告

Broken Link Checkerの使い方まとめ

本記事では《【Wordpressプラグイン】リンク切れを自動でチェック。Broken Link Checkerの使い方》について書いてきました。

記事が多くなるほど見逃しやすくなるのが「リンク切れ」そのリンク切れを自動検知、一括修正ができるBroken Link Checkerは本当に便利です。

外部サイトやSNSの埋め込みのリンク切れを見逃すとSEOだけでなく、ユーザーからの評価も下がるので必ず導入をしておきましょう!