WEBのこと

【WordPressプラグイン】Google XML Sitemapでサイトマップを自動作成・送信する手順

Google XML Sitemap

サイト、ブログの運営にあたってユーザーに閲覧してもらうことは何より最優先すべきこと。

閲覧してもらうには、記事の「インデックス化」が急務ですよね。そのために、Googleにサイトマップを送信する必要があります。

今回はGoogleにインデックスをされるために必要なサイトマップの作成・送信が簡単位できる、Wordpressプラグインの【XML Sitemap】について説明していきます。

Google XML Sitemapを導入するとどうなる?

Google XML SitemapはWordpressのプラグインだ。このプラグインを入れることにより、サイトマップを自動で作成してくれて、Googleに通知をしてくれる。

ちなみにインデックスとは、クローラー(Googleなどのロボット検索エンジン)がサイトの情報を収集し、検索エンジンデータベースに格納されることを指す。

つまり、インデックスがされてないと、GoogleやYahooなどの検索結果に表示されず、ユーザーにも見てもらえないということ。これではいくら更新をしても意味がない。

ブログ記事の追加や修正をした際はその都度サイトマップを更新する必要があるが、それを自動で行ってくれるのが今回のプラグインというわけだ。

しっかりと設定していくことで、よりハイパフォーマンスに仕上がるので設定もしていこう!

Google XML Sitemapプラグインを追加する

WordPress管理画面からプラグインを追加しよう。検索ボックスに「Google XML Sitemap」といれれば出てくるのでインストールと有効化をする。

有効化をしたら、設定から「XML-Sitemap」を選ぼう。

広告

Google XML Sitemapの設定方法

基本的な設定

XML-Sitemapを開くと最初に基本的な設定項目がある。

デフォルトでチェックが入っているので、基本設定はこのままなにもいじらなくてOK。

赤枠最初の2つは記事を公開した際に Google と Bing に通知されるためインデックスが早くされるようになる。

3つめの項目はサイトマップの場所を検索エンジンに正確に伝えることができる。

この3つのチェックは必須だ。

投稿の優先順位

一番上のラジオボタンにチェックをいれよう。

優先順位を手動でこれからカスタマイズをして、クロールの最適化をしていく。

Sitemapコンテンツ

Sitemapコンテンツでは上記の4つにチェックを入れよう。

ブログ運営に関わる重要なページのみをピックアップすることでクロールの最適化が目指せる。

含めないカテゴリーは「未分類」を選択している。筆者は未分類カテゴリーには記事が一つもないからだ。

記事を未分類に格納している人はしっかりとカテゴリーを編集して、閲覧者にみやすいサイトを目指そう。

更新頻度の設定

ブログ運営で重要な項目の更新頻度を高くしてある。更新頻度が高ければSEO対策になるというものではない。コンテンツに合った更新頻度を選択することが重要だ。

固定ページや投稿者ページの更新がない場合は「なし」にしよう。

優先順位の設定

更新頻度の設定で重要度の高いものから更新頻度を短くした。

優先順位はそれに伴って変更していく。

ちなみに、更新頻度、優先順位はあくまでクローラーに対するヒントとみなされ、必ずしも設定した頻度でクローラーが巡回するわけではない。

Google XML Sitemapを設定したらサーチコンソールで送信しよう

Google Search Consoleにアクセスをします。

その後、サイトを選んでください。

サイトマップ送信1

その後、右側のメニューから「サイトマップ」を選択し、「サイトマップの追加」を行います。

サイトマップ送信2

URLを入力する項目が出てくるので、「sitemap.xml」と記入して送信ボタンを押します。

これでサイトマップの送信は完了です。

広告

XML Sitemapでサイトマップを送信する方法まとめ

Google XML Sitemapプラグインは自動でWordpressのサイトマップを送信してくれ、SEO対策に繋がる優れもののプラグインだ。

Google Search Consoleから記事を更新する度に毎回手動でアップロードする、というのはWordpressを使っている場合、手間以外のなにものでもない。

ただ、グーグルサーチコンソールではキーワードチェックや被リンク(他のサイトから自サイトに向けて貼られたリンク)の確認などが出来る為、グーグルアナリティクスも含めて登録をしておこう。

▼SEOに強いライティングを学ぶならこちら▼

関連記事 : 【エックスサーバー】Xアクセラレータの導入方法をやさしく解説。速度検証有り