防災グッズ

災害に備えて非常食/水がどのくらい必要か具体的に説明します

みなさん、防災グッズはお持ちですか?まだ何も用意していないという人は「かなりやばい」ので早急に用意をしましょう。

災害にあった時に「保存食/非常食」「飲み水」で必要な量は最低でも3日分と言われていますが、実際どんな飲食物が適しているか、どれだけの量を備えておけば安心なのかを具体的に説明します。

IZ
IZ
災害が頻発している今、災害への備えが不可欠になっているぞ!

 > 楽天で人気の防災セットを見る

 > Amazonで人気の防災セットを見る

保存食・飲料水は具体的にどのくらい必要?

災害の時に必要な保存食

災害に備えた保存食や飲料水の量は「最低3日分必要」です。

その理由としては、4日以降は公的な支援(支援物資)が行き渡るとされているからです。

ですが震災直後は、電気・ガス・水道などのライフラインが止まります。被災地は道路状況も悪く建物の倒壊などで車両などの交通手段が断たれることもありますよね。

その際は、支援物資も遅れることが予想されますし、そもそも避難所に向かうことも難しい可能性もあります。

先ほど「最低3日分必要」と言いましたが、余裕を持って「1週間ほどの」水・食料があったほうが心強いです。

 

飲料に関しては、大人が1日に必要とする水分量が2リットルとされているので、2リットル×1週間で一人当たり14リットルの用意が必要になります。

 

他に考慮するポイントとしては、地域や季節によって温度差があるというところです。

寒い地域や冬であれば、水の備蓄は最低限でも良いですが、暑い地域や夏に水の備蓄が少ないのは致命的です。被災して混乱しているなかでの脱水症状は何としても回避すべき。

IZ
IZ
もちろん、家族の人数分用意するということを忘れずに計算をしよう!

 > 楽天で人気の防災セットを見る

 > Amazonで人気の防災セットを見る

保存食・飲料水は具体的にどんなものが良い?

保存食や飲料水は「1週間分」用意すべきと説明しました。

では、その飲食物はどんな内容のものが良いのか。気になるところですよね。

なので次は、具体的にどんな飲食物を用意すべきかを説明していきます。

災害時の保存食について

災害時の保存食について

まず、最低3日分の食料は「水を必要としないもの」を用意しましょう。

ライフラインが止まったら水や電気は使えません。そのままの状態でも食べられるものを準備しておく必要があります。

【レトルト食品・インスタント食品・おかゆ・乾パン・缶詰パン・缶詰・クラッカー】などです。

 

次に「保存期間の長さ」も重要です。

長い間使わないでいるといつの間にか賞味期限切れを起こしてしまい、「被災した時に食べるものがない・・・」なんてことになりかねません。

賞味期限は2〜5年保存ができるものを選びましょう!

 

最後に、非常食は美味しいものが1番です。

被災をすると疲れもストレスも溜まります。そんな時の食事は美味しいものでありたいですよね。

自分好みの味を選んだり、非常食の種類を多くしておくのがベストです。デザートも買っておくとカロリーを摂取できるし、少しホッとできそうです。

 > 楽天で人気の保存食を見る

 > Amazonで人気の保存食を見る

災害時の飲料水について

災害時の飲料水について

通常のミネラルウォーターの賞味期限は1年〜2年のものが多いです。

ですが、長期保存用に「5年や10年保存可能な保存水」が販売されています。災害に備える場合、保存水を購入することをオススメします。

そして、備蓄用の水は保存可能期間が長いほど高い傾向があります。値段が気になる方は保存期間が5年のものを。買い替えがめんどくさい方は10年のものを選ぶと良いですね!

> 楽天で人気の保存水を見る

 > Amazonで人気の保存水を見る

広告

災害に備えた飲食物まとめ

保存食/非常食や飲料水、十分用意できていますか?

本記事で説明した選び方を参考に、用意してみてくださいね。

まだ防災セットを揃えていない人は、飲食物も入っているセットを買っておくと安心ですよ。

 > 楽天で人気の防災セットを見る

 > Amazonで人気の防災セットを見る

Amazonでお得に買い物する裏技
Amazonギフト券チャージでお得に買い物!

Amazonで買い物をするときはギフト券にチャージ(入金)をすると、最大2.5%ポイントがもらえるのでお得に買い物ができます。

▼お得に賢く買い物しよう!▼

Amazonギフト券公式サイトをみる