生活雑貨

一番節約できるコスパ最強のおすすめ暖房器具はこれだ!【電気代を徹底比較します】

暖房器具はどの種類が一番コスパが良いのか、気になりますよね。

そこで、本記事では1時間あたりにかかる電気代を徹底比較します。さらに、各暖房器具のおすすめを紹介していきます!

暖房の光熱費はバカになりませんので、省エネ暖房器具でしっかりと暖まりながらも光熱費を節約しちゃいましょう。

それでは、《一番節約できるコスパ最強のおすすめ暖房器具はこれだ!【電気代を徹底比較します】》について書いていきます。

各暖房器具の特徴を紹介

IZ
IZ
まずはどんな暖房器具があるか、特徴やメリット・デメリットを見てみよう!
暖房器具名 商品画像 特徴 メリット デメリット
電気毛布 暖房器具 電気毛布 部分的に暖める
お手軽
コスパ抜群
家でも職場でも使いやすい
特になし
電気こたつ 暖房器具 こたつ 日本人に馴染む暖房器具 暖かい空気を密封できる
足元を暖められる
部屋全体を暖められない
電気(ホット)カーペット 暖房器具 ホットカーペット 足元から温まる
電気を使う
足元が暖かい
お手軽に設置できる
部屋全体は暖まりにくい
エアコン 暖房器具 エアコン 部屋全体を暖める
電気を使う
部屋全体を暖める
省エネ・節約に繋がりやすい
部屋が乾燥しやすい
暖まるまで少し時間がかかる
石油ヒーター
(ストーブ)
暖房器具 石油ストーブ 灯油を使って暖める
電気代はほぼかからず
暖房効果が高く部屋全体を暖める
ストーブの上でヤカンを沸かせる
火事に注意
灯油が常に必要
パネルヒーター 暖房器具 パネルヒーター 最近流行りのタイプ
電気を使う
安全性が高い
乾燥しない
コンパクト
部屋が暖まるまでに時間がかかる
ランニングコストが高め
カーボン(赤外線)
ヒーター
暖房器具 カーボンヒーター ピンポイントに暖まる
電気を使う
赤外線で体の芯まで暖まる
乾燥が少ない
部屋全体を暖めるのには向かない
オイルヒーター 暖房器具 オイルヒーター ゆっくりとじんわり暖まる
電気を使う
部屋全体を暖める
火事の心配がない
暖まるまで時間がかかる
電気代が高め
セラミック
ファンヒーター
暖房器具 セラミックファンヒーター お手軽暖房器具
電気を使う
省スペースがすぐに暖まる
コンパクトでお手軽
電気代が高くなりやすい
部屋全体暖めるのには向かない

暖房器具一覧をコスパの高い順にランキングで紹介

IZ
IZ
暖房器具を電気代が安く、暖房効果が高いコスパ順にランキング形式で比較・紹介をしていくよ!

※暖房器具自体の性能の良し悪しでかかる電気代・灯油代は変わってくるのはご了承ください。

コスパで選ぶ暖房器具1位 : 電気毛布

電気毛布はコスパ抜群

電気毛布は、非常にコスパの良い暖房器具です。お家でも仕事場のデスクワークでも活躍します。

Sugiyama 電気ひざ掛け毛布がおすすめ

こちらの商品は毛布を丸洗いできるので衛生的に使えます。

さらに、かかる電気代は1時間あたり「強:約0.8円、中:約0.5円、弱:約0.1円」ですので、1日10時間「強」で使っても8円。1ヶ月使っても「240円」です。

価格で選ぶなら、電気毛布が抜群ですね!

椙山紡織
¥3,033
(2018/11/20 14:54:24時点 Amazon調べ-詳細)

家やオフィスで大活躍なおすすめの電気ひざ掛け毛布6選【口コミあり】
家やオフィスで大活躍なおすすめの電気ひざ掛け毛布6選【口コミあり】家やオフィスで気軽に使えて尚且つ電気代が安い暖房器具といえば「電気ひざ掛け毛布」 足元が寒い時や部分的に体を暖めたい時、ブランケッ...

コスパで選ぶ暖房器具2位 : こたつ

暖房器具 こたつ

日本人のマストアイテムとも言える「こたつ

家族が集まる憩いのスペースとしても活躍してくれますよね。そんなこたつですが、人気の秘密は暖かさだけでなく、コスパの良さにもありました!

山善 カジュアルこたつがおすすめ

本体価格、使いやすさで選びました。コンパクトで、部屋のスペースも取りません。さらに、天板が高いので横向きにゴロンと寝ることもできます。

電気代目安として、1時間あたり「強で4.3円、弱で2.2円」と電気代がかなり抑えられます。1日10時間弱で使って、22円。1ヶ月使っても「660円」です。

山善(YAMAZEN)
¥5,990
(2018/11/20 14:54:24時点 Amazon調べ-詳細)

コスパで選ぶ暖房器具3位 : ホットカーペット(床暖房)

ホットカーペット(床暖房)

ホットカーペットは足元からじんわり暖かくなり、横になれば体全体ポカポカしてきます。さらに、コタツや他の暖房器具と合わせると部屋全体暖かく快適に過ごせます。

アイリスオーヤマ ホットカーペットがおすすめ

本体価格も安く、「1畳/1.5畳/2畳/3畳用」が揃っています。ダニ退治機能・自動電源OFF機能が付いていて、消し忘れにも対応しています。

気になる電気代は、1時間当たり「中で約5.8円、強で約8.7円」です。中で1日10時間使用した場合、58円。1ヶ月辺り「1,740円」とコスパも良いですね。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥7,000
(2018/11/20 14:54:25時点 Amazon調べ-詳細)

コスパで選ぶ暖房器具4位 : エアコン

暖房器具 エアコン

エアコンは電気代が高くつくと思われがちですが、新しいものであれば節約・省エネが可能です。

本体価格は他の暖房器具より高くつきますが、ランニングコストは抜群ですよ。

エアコンは三菱電気の霧ヶ峰がおすすめ

霧ヶ峰はコスパが良いと評判のエアコンです。

電気代は、1時間辺り「15円〜35円」かかると言われています。1時間辺り20円で1日10時間使用した場合、「200円」。1ヶ月辺り「6,000円」かかります。

三菱電機 (MITSUBISHI)
¥36,720
(2018/11/20 14:54:25時点 Amazon調べ-詳細)

コスパで選ぶ暖房器具5位 : 石油ストーブ

暖房器具 石油ストーブ

石油ストーブは灯油を使った暖房器具です。電源を使用するものと不要なものがあり、不要なものは停電対策・地震対策としても重宝されています。

ストーブの上でヤカンを沸かせば加湿器にもなり、昔ながらの暖かさが味わえます。

コロナ 石油ストーブがおすすめ

Amazonベストセラー、レビュー400件以上のみんなに選ばれている石油ストーブです。本体価格の安さもポイント。

電源不要なので、停電・地震対策用に購入する人も多くいます。

燃焼継続時間は約17時間。タンク容量は3.7Lです。灯油価格が1L当たり100円と考えると、1時間辺り「22円」。1日10時間使うと「220円」で、1ヶ月使うと「6,600円」になります。

灯油価格は変動するので、参考としてお考えください。

コスパで選ぶ暖房器具6位 : パネルヒーター

パネルヒーターは部屋を全体的に暖めるものと、足元など部分的に暖めるものの2種類があります。

ポカポカと優しくじんわりお部屋を暖めます。空気を汚さず火事の危険性も無いことから子供がいるご家庭に愛されている暖房器具です。

部屋全体を暖めるのはエスケイジャパン マイカパネルヒーターがおすすめ
パネルヒーター

速暖・遠赤外線効果抜群のマイカヒーターを採用したパネル型ヒーターで体の芯までポカポカです!

陽だまりのような暖かさが特徴で、換気の必要もなく、静かなのでリビングにも寝室にも作業部屋にも、もってこいです。

パネルヒーターの出力は500Wと1,000Wがあり、1kWh当たり27円で計算すると、1時間辺り「弱運転で13.5円」、「強運転で27円」です。

これを1日10時間の使用を1ヶ月間使った場合は、「弱運転時なら4,050円」、「強運転で8,100円」かかります。

エスケイジャパン(SK Japan)
¥6,980
(2018/11/20 14:54:26時点 Amazon調べ-詳細)

デスクワークが多い人にはVIVREALのヒーターがおすすめ
デスクヒーター

従来のスポット型パネルヒーターは横に広がり、熱が逃げてしまっていましたが、こちらでは覆うようになっていて暖かい熱を逃がしません。

その為、省エネで暖かさが持続します。

消費電力は200Wなので、1時間辺り「5.4円」で、1日10時間使うと「54円」。1ヶ月辺り、「1,620円」というコスパの良さが特徴です。

コスパで選ぶ暖房器具7位 : カーボンヒーター

山善 カーボンヒーター

よくあるのが、カーボンとハロゲンはどう違うのかという質問ですが、カーボンは、ハロゲンに比べて遠赤外線効果が高く、少ない電力で効率よく暖めてくれるんです。

速暖性があるので、朝起きて早く暖まりたい時やトイレに置いておくと重宝します。

ただ、部屋全体を暖めたい場合は他の暖房器具と併用しないと暖まりが遅くなります。

山善の遠赤外線カーボンヒーターがおすすめ

Amazonベストセラーにもなっている遠赤外線効果でぽっかぽかなカーボンヒーター。立ち上がりも早く、首振り機能付きで部屋全体をカーボンでも暖めてくれます。

出力タイプも450Wと900Wから選べます。

電気代は、1時間あたり「450Wで約12円」、「900Wで約24円」。1日10時間450Wで使用したとすると「120円」で、1ヶ月辺り「3,600円」になります。

コスパで選ぶ暖房器具8位 : オイルヒーター

オイルヒーターは部屋全体をムラなく優しく暖めてくれます。

オイルが暖まるまで時間がかかるので、暖まる速度はエアコンより遅いものの、オイルヒーター独特の心地の良い暖かさはリピーターも多いです。

アイリスオーヤマ のウェーブ式がおすすめ
オイルヒーター

オイルヒーターの切り替えが弱500W・中700W・強1200Wの3段階が付いているので、こまめに変えることで省エネになります。

空気を汚すこともなく、火事の心配もないので、お子さんがいるご家庭にもおすすめです。

オイルヒーターの電気代は、1時間辺り「弱運転で13.5円」、「中運転で19円」「強運転で32円」です。

これを1日10時間の使用を1ヶ月間使った場合は、「弱運転時なら4,050円」、「中運転で5,700円」、「強運転で9,600円」になります。

暖まりにくいという特性上、強運転が多くなるので他の暖房器具よりランニングコストがかかります。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥9,640
(2018/11/20 14:54:27時点 Amazon調べ-詳細)

コスパで選ぶ暖房器具9位 : セラミックヒーター

セラミックヒーター

お手軽暖房器具の代表といえばセラミックヒーターです。セラミックヒーターは速暖性がありますが、電気代が高くつきます。

スポット的に使うのが良いでしょう。

FYLINA セラミックヒーターがおすすめ

価格もお手頃で、450Wと950Wの2段階強弱がついたセラミックヒーターです。

首振り機能・転倒防止機能も付き、キャッチコピーに「2秒で速暖」とある通りすぐにポカポカになります。朝の支度や、帰宅してとりあえず暖まりたい時にあると便利です。

スリムなので場所も選ばず、持ち運びもしやすいのもポイントです。

電気代は、一時間当たり「450Wで15円」、「950Wで25円」。1日10時間使った場合、「450Wで150円」、「950Wで250円」。

1ヶ月辺り、「450Wで4,500円」、「950Wで7,500円」になります。

見ての通りコスパは良くないので、短時間暖まったら他の暖房器具を使いましょう。

寒い冬にはすぐに暖まるセラミックヒーターが必須!最強におすすめ5選を紹介します。
寒い冬にはすぐに暖まるセラミックヒーターが必須!最強におすすめ5選を紹介します。朝の準備や帰ってきてすぐに暖まりたい時、大活躍をするのが「セラミックヒーター」です。 コンパクトなセラミックヒーターは、トイレ・キ...

広告

暖房器具一覧コスパ比較表

IZ
IZ
気になる暖房器具は「詳細をみる」からチェックしてみてね!
コスパ順位 1位 2位 3位 4位 5位
画像 電気毛布はコスパ抜群 暖房器具 こたつ 暖房器具 ホットカーペット 暖房器具 エアコン 暖房器具 石油ストーブ
暖房タイプ 電気毛布 こたつ 電気カーペット エアコン 石油ストーブ
1時間当たり
の電気代(弱運転)
0.1円 2.2円 5.8円 15円 22円
おすすめ商品 詳細をみる 詳細をみる 詳細をみる 詳細をみる 詳細をみる
順位 6位 6位 8位 9位 10位
画像 パネルヒーター デスクヒーター 山善 カーボンヒーター オイルヒーター セラミックヒーター
暖房タイプ パネルヒーター デスクヒーター カーボンストーブ オイルヒーター セラミックヒーター
1時間当たり
の費用(弱運転)
13.5円 5.4円 12円 13.5円 15円
おすすめ商品 詳細をみる 詳細をみる 詳細をみる 詳細をみる 詳細をみる

部屋の大きさや場所で暖房器具を選ぼう

暖房器具の選び方

暖房器具には「6畳用」や「8畳用」など、どのくらいの部屋の広さに適しているか表記されているものが多いので、使う部屋の大きさに応じて選ぶようにしましょう。

さらに、「どこ」で使うかも暖房器具を選ぶポイントになります。

リビングなど、過ごす時間が長いところでは「エアコン」や「パネル・オイルヒーター」、「石油ストーブ」などが良いですし、

トイレや洗面所など、あまり長くはいないけどすぐに暖かくしたい場所では、「カーボンヒーター」「セラミックヒーター」を使うと良いですね。

適材適所に配置して省エネを目指しましょう!

広告

コスパ最強の暖房器具まとめ

コスパ最強暖房器具まとめ

本記事では《一番節約できるコスパ最強のおすすめ暖房器具はこれだ!【電気代を徹底比較します】》について書いてきました。

いま一度、この機会にお家の暖房器具を見直してみてはいかがでしょうか。

速暖性が欲しいのか、部屋全体を暖めたいのか、足元を暖めたいのかなど、用途ごとにベストな暖房器具を選んでみてくださいね。

Amazonでお得に買い物する裏技
Amazonギフト券チャージでお得に買い物!

Amazonで買い物をするときはギフト券にチャージ(入金)をすると、最大2.5%ポイントがもらえるのでお得に買い物ができます。

▼お得に賢く買い物しよう!▼

Amazonギフト券公式サイトをみる