Youtube

【最新】Youtuberを目指す初心者に圧倒的におすすめな動画撮影機材(カメラ)

【最新】Youtuberを目指す初心者に圧倒的におすすめな動画撮影機材(カメラ)

Youtuberになるために気になるのは「撮影機材(カメラ)」は何を用意すればいいかですよね。

有名なYoutuberはどんなカメラを使って撮影しているのか、初心者におすすめのカメラは何かなど疑問がたくさんあると思います。

そこで本記事ではYoutuberになるにはどんなカメラを購入すればいいかおすすめを紹介していきます。

本記事でわかること
  • これからYoutubeを始める人におすすめのカメラ
  • どんなカメラを使うのが良いのか

それでは《【最新】Youtuberを目指す初心者に圧倒的におすすめな動画撮影機材(カメラ)》について書いていきます。

Youtubeの撮影によく使われるのはスマホと一眼レフカメラとビデオカメラの3種類

種類 特徴
スマホ 追加費用(出費)がかからない。
最新のスマホであれば画質も良く、
下手な安いカメラより性能が良い。
しかし本格的なカメラに比べると画質は劣る。
一眼カメラ 画質がダントツに良い。
レンズなどカスタマイズすることで、
自分にピッタリにできる。
こだわりたい方は一眼カメラで決まり。
ビデオカメラ 初心者でも扱いやすい。
手持ち撮影・長時間撮影に向いている。

お金をかけずにYoutubeを始めるならスマホ

お金をかけずにYoutubeを始めるならスマホ
IZ
IZ
お手持ちのスマホを使えばお金をかけずに動画撮影できる!

Youtuberになろうかな…」と思っている段階の人はまずはお手持ちのスマホで動画を撮影してテストでYoutubeにアップしてみましょう。

ある程度動画をアップした段階で、もっと画質を良くしたいなど希望が出てきてから脱スマホをしても良いと思います。

安いカメラより「最新のiPhone」の方が画質が良かったりしますからね。

 

最初から気合いを入れて何が何でもトップユーチューバーになってやる!くらいの意気込みがある人は、しっかりと機材を揃えて武装して始めた方が成長も早いですけどね。

画質・映像にこだわるなら一眼カメラ

画質・映像にこだわるなら一眼カメラ

大物ユーチューバーのヒカキンさんやカメラなどのガジェット好きの瀬戸弘司さんも動画撮影に一眼レフカメラを使用しています。

その理由は何よりも「画質の良さ」にあります。

動画撮影をするときに使うものといえば一般的なイメージとしてはビデオカメラですが、近年の一眼レフは動画撮影にも最適化しているものも多くなっています。

動画も写真もこだわりたい、1ランク上のYoutuberを目指すなら一眼カメラがおすすめです。

お手軽にYoutubeを始めるならビデオカメラ

お手軽にYoutubeを始めるならビデオカメラ

自動手ぶれ補正やピント調整がついたビデオカメラはバッテリー持ちも良く、お手軽にYoutuberを始めたい人におすすめです。

ボタン一つで撮影ができて、ズームもアウトも楽々です。

しかし、画質は一眼カメラに劣りますし細かい設定やレンズの交換などは出来ません。

室内撮りがメインの場合は一眼カメラの方がクオリティが高くなりますよ。

初心者Youtuberにおすすめのカメラ3選

CANON EOS M100

カメラを始めたい、Youtubeを始めたい、インスタグラムを始めたいなど全ての初心者におすすめなのが「Canon EOS M100

価格はAmazonで5万円を切っていてお値段的にも申し分ないです。

画素数は約2420万画素でかなり画質良いです。機能もめちゃくちゃシンプルで使いやすいので誰でも使えます。

ピントも合わせるのも簡単、小型軽量で持ち運びも便利。

気になる人は動画を見てみると、画質の良さ・使いやすさが手に取るようにわかります!

コスパ抜群で、これからYoutubeを始める人に間違いなく第一候補になるカメラです。

CANON EOS KISS X9

先ほど紹介したEOS M100よりも高性能で動画向きなのが「EOS KISS X9

Amazonで6万円を切るコスパ抜群の一眼レフカメラ。初めて一眼レフを購入する人にとてもおすすめ。何故なら初心者用の機能がたくさんついているから!

EOS KISS M9の簡単操作機能を公式ページで確認する

初めて使う人も操作に迷うことなく、スムーズに撮影に取りかかれます。

画素数も2420万画素と高画質で、バリアングル液晶モニターだから上下左右にモニターを動かせて、撮影を確認しやすくなっています。

このスペックでこの価格のカメラは滅多にないと言えるほど、良いカメラです。

Panasonic V360MS

Amazonで2万円代で買えるパナソニック製の激安ビデオカメラ。

2万円という安さですが、「ホームビデオで使う分には申し分ない」「値段相応以上の画質」など評価・評判は良いです。

外撮りが多いYoutuberさんのエントリーモデルとして使えますよ!

手ぶれ補正や傾き補正がついているので、割と滑らかな動画が撮影できます。

210gと軽量でコンパクトなので持ち運びは苦になりません^^

広告

画質にこだわりたい人におすすめのカメラ3選

パナソニック Lumix GH5

パナソニックのGHシリーズはYoutuberの中にも愛好者の多いカメラで、動画撮影に特化している一眼カメラとして絶大な支持を集めています。

基本的にキャノンやソニーなどの一眼カメラは仕様上30分以上の連続撮影ができませんが、GHシリーズは30分以上の動画撮影が可能になっています。

これにより、ノーカットの長時間の撮影・タイムラプスができるように。

ヒカキンさんや瀬戸弘司さんなど有名Youtuberも愛用している信頼のおける高性能カメラです。

価格はやや高めですので、安く済ませたい人は1つ前のモデルのGH4を選んでもOK!

GH4とGH5の大きな違いは

  1. ボディ内手振れ補正が搭載された
  2. 世界初の4K/60pに対応している

この2つなので、特にこだわらなければGH4でも質の良い動画を撮影できますよっ!

関連記事 :
ヒカキンが使っている撮影機材(カメラ)は?Youtuberになりたい人必見!
カメラにこだわる瀬戸弘司が愛用する撮影機材をサクッと紹介していく

野外での撮影や動きが多い人におすすめのカメラ2選

GOPRO HERO7


GOPROはアクションカメラで主にスポーツやアトラクションなどの撮影に使います。

GOPROの特徴
  • 通常のカメラより小型で軽量
  • 耐衝撃・耐水性に優れている
  • 広角撮影、広い視野で撮影できる

1番の特徴の小型で軽量、コンパクト。だから楽々撮影ができるし、カバンの中にサッとしまえるから持ち運びも簡単。

GOPROは広角撮影ができるのも嬉しいポイント。

さらに、撮り方も頭につけたり首からぶら下げたりアタッチメントを使って撮影したりとかなり幅広い仕様用途で使えます。

IZ
IZ
野外撮影をする人は一眼カメラと別に用意しておきたいカメラだね

GOPRO HERO6と比べても手ブレがなくなり、色味も鮮やかで音もクリアになって進化しています。

しかし、GOPROも最新のHERO7だと5万円ほどするので安く済ませるなら前のモデルを購入するのもありですよ。

GOPROの歴代シリーズ
GOPRO HERO7
GOPRO HERO6
GOPRO HERO5
GOPRO HERO4

DJI OSMO POCKET

DJI OSMO POCKETは最新の新感覚カメラ。

ジンバル付きの小型カメラなので、びっくりするほど滑らかな映像が撮影できます。

しかも超コンパクト(手の平サイズ)で軽量(コップくらい)だからずっと持っていても手が痛くなりません。

フェイストラッキングという顔にずっとフォーカスを当てる追尾機能もついています。これがあることで、OSMOを置いた状態で動いても体を完全に追従してくれます。

この機能、相当使えます。やばいです、すごいです。ぜひ動画を見てください。

広角に関しては GOPRO > DJ OSMO POCKET > iPhone

GOPROよりはかなり画角が狭く思えます。

画質も悪くないので、これ1つで全ての動画撮影が行えるまさにビデオカメラの革命児です!

広告

Youtuberにおすすめのカメラまとめ

本記事では《【最新】Youtuberを目指す初心者に圧倒的におすすめな動画撮影機材(カメラ)》についてまとめてきました。

これから始めるという人はまずはお手持ちのスマホで動画を撮影してみましょう。その画質で満足できるのであればしばらくスマホ撮影でいいと思います。

しかし、画質の良さ・音質にこだわるのであれば一眼カメラの購入を検討しましょう!

初心者におすすめの一眼カメラ
CANON EOS M100 CANON EOS KISSX9
全てにこだわる人におすすめの一眼カメラ
パナソニックGH4 パナソニック GH5
野外撮影におすすめのカメラ
GO PROシリーズ DJI OSMO POCKET

みんなの評価

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中...

この記事が役に立ったら是非ポチってください!

Amazonでお得に買い物する裏技
Amazonギフト券チャージでお得に買い物!

Amazonで買い物をするときはギフト券にチャージ(入金)をすると、最大2.5%ポイントがもらえるのでお得に買い物ができます。

▼お得に賢く買い物しよう!▼

Amazonギフト券公式サイトをみる