ライフ

アンバサダーとインフルエンサーの意味と違いを知ろう!

アンバサダーとインフルエンサーの違い

アンバサダー(ambassador)は「大使」という意味を持ちます。ネスカフェアンバサダーが有名ですよね。その意味は、ネスカフェの広報役や親善大使として活動するという意味になります。

インフルエンサー(influencer)は「影響・効果」という意味を持ちます。社会的に大きな影響力を持つ人のことですね。この包丁の切れ味が凄い!とSNSで発信したら瞬く間に売り切れるなるような発信力がある人のことを呼びます。

本記事ではアンバサダーとインフルエンサーについて掘り下げていきます。

アンバサダー(ambassador)とは

アンバサダーとは

最近ではビジネスシーンでアンバサダーという単語を使う機会も増えてきました。ですので、改めて認識を正しておきましょう!

冒頭でも説明しましたが、アンバサダー(ambassador)は「大使」という意味を持ちます。

もともとの意味合いの「大使」は「外交において最上位の人物」を意味するため、「国の代表」の意味で使われていました。

ですが、最近では一般企業でも使われる機会が増えてアンバサダーという言葉は一般人にも使われるようになりました。

「○○アンバサダーに任命」という言葉を聞いたことがあると思いますが、「任命された人が○○の広告塔(大使)となって良さを広める」という意味合いがしっくりきます。大勢の人に知ってもらいたいなら有名人をアンバサダーとして起用するのが良いし、主婦に宣伝をしたいのであれば、一般人がアンバサダーの方が共感が得られますよね。

結論 : 有名人や一般人を含めて「広告してくれる人」が現代のアンバサダー。

アンバサダーマーケティングとは

アンバサダーマーケティングという言葉を聞いたことはありますか?

アンバサダーマーケティングで使う「アンバサダー」とは、広告を行う会社や商品に興味や関心を持っていて好きだからこそ知人・友達に口コミをしてくれそうなユーザーの事を指します。

何人かが集まってお茶をしながら、「そう言えばあそこの化粧品凄く良かった」という話をしたとします。これが「口コミ」ですね。

この「口コミ」が今の世の中だとSNSで活発に行われていますよね。このSNSでの発信による「口コミ」効果がアンバサダーマーケティングだと言えます。SNSにはこれまで発信してきた「履歴」が残るので、その人が商品についてどのくらい発信しているかがすぐわかります。

会社や商品の「ファン」である「アンバサダー」を利用することで、効果的にアピールをして行くことができます。

広告

インフルエンサーとは

インフルエンサーとは

インフルエンサー(influencer)は主にSNS上でファンが多く、多大な影響を及ぼせるユーザーのことを呼びます。

影響力の高い「有名人」や「ブロガー」、「著名人」などがインフルエンサーに当たります。SNSをやっている方は「○○砲」という言葉を聞いたことがあると思います。流行りの仮想通貨であれば、インフルエンサーが「この銘柄の仮想通貨が今きてる」と発信したら、その銘柄を多くの人が買いますよね。

芸能人がこの化粧品を使ったらお肌がツルツルになりました!と発信すればその化粧品に注目が集まります。

このように影響力のある人のことをインフルエンサーと呼びます。

インフルエンサーマーケティングとは

インフルエンサーマーケティングは先述した発信力のある人に個人や企業が「この商品を紹介してほしい」と頼み、インフルエンサーが拡散することで成果をあげるマーケティング手法のことです。

少し前にはステマ(ステルスマーケティング)が流行りましたよね。ステルスは「隠す」の意味があり、ステマはこっそり隠れて宣伝するという意味です。

芸能人があたかも自分で商品を選んでお気に入りのように発信をすることで企業に依頼されたことを隠して宣伝する行為が問題になりました。この行為で度々炎上も見かけましたね・・・。

SNS人口が多い今、インフルエンサーマーケティングは非常に有効な手段になっています。

広告

アンバサダーマーケティングとインフルエンサーマーケティングの違いとは

アンバサダーマーケティングは「ファンであるユーザー」の口コミで広がっていくマーケティングスタイル。「ファン」であることから、発信する内容も「信ぴょう性」があり、質の高い内容であることが多いです。

それに対し、インフルエンサーマーケティングは「有名人」という影響力を武器に、発信をすることで世間からの認知力を底上げしていきます。そして、発信する有名人個人の意見を混ぜて発信をすることで「質」と「量」のどちらも確保していきます。

アンバサダーマーケティングはじんわりと認知が広がっていくのに対し、インフルエンサーマーケティングは一気に認知されるという特徴もあります。

まとめ

アンバサダーとインフルエンサーの違いについて紹介してきました。

2つとも似たような部分はあれど、意味は違います。どちらもSNSが普及している現代では必須のマーケティングなので、覚えておきましょう。

Amazonでお得に買い物する裏技
Amazonギフト券チャージでお得に買い物!

Amazonで買い物をするときはギフト券にチャージ(入金)をすると、最大2.5%ポイントがもらえるのでお得に買い物ができます。

▼お得に賢く買い物しよう!▼

Amazonギフト券公式サイトをみる