スマホ・タブレット

【2020最新】楽天kobo全4種類(Nia/clara/libra/forma)を比較!どれがおすすめ?選び方を解説

楽天kobo全3種類(clara/aura/forma)を比較!どれがおすすめ?選び方を解説します

更新情報

2020.11.06
kobo Niaを追加して4種類を比較


楽天が販売する電子書籍リーダーのkobo」は《Nia/clara/libra/forma》の4種類があります。

koboはまるで紙の本を読んでいるかのような読み心地が人気です!

でも、4種類もあるとどれを買えばいいか迷っちゃうなあ…どう選べばいいの?

↑本記事ではこんな疑問にていねいに答えます。

楽天kobo4種類のラインナップ
画像 kobo-nia Kobo clara kobo Libra kobo forma おすすめ2位
種類 Kobo Nia Kobo clara Kobo Libra Kobo Forma
価格(最安値) ¥10,978 ¥15,180 ¥25,080 ¥34,980

Kobo端末は「Kobo Nia」「Kobo Clara」「Kobo Libra」「Kobo Forma」の4種類。

先に結論を言ってしまうと1番おすすめは「Kobo Clara」です。

価格も性能良し=コスパ最高機種!

本記事では、各kobo端末の特徴を比較しながら選び方を解説していきますよっ!

それでは、《【2020最新】楽天kobo全4種類(Nia/clara/libra/forma)を比較!どれがおすすめ?選び方を解説》について書いていきます。

楽天kobo電子書籍リーダーとは

IZ
IZ
koboは楽天が販売している電子書籍リーダーだよ!
楽天kobo

電子書籍リーダーは、電子書籍を閲覧するための専用端末のことを指します。

現在楽天kobo電子書籍リーダーは、「Kobo Nia」「kobo crala HD」と「kobo aura H2O」と「kobo forma」の4種類が販売されており、それぞれ性能・価格が異なります。

他に有名な電子書籍リーダーというと、Amazonの「Kindle」がありますがソニーなどの有名ブランドも販売しています。

IZ
IZ
現状は楽天koboとKindleが2強なので、どちらかを選べばOK

電子書籍リーダーは読書専用端末ですので、読みやすさにこだわった様々な特徴があり、こちらも解説していきます!

▼おすすめはkobo clara▼

楽天公式ページで詳細をみる

楽天kobo電子書籍リーダーの魅力を解説

IZ
IZ
kobo電子書籍リーダーは魅力がいっぱい!
ここがオススメ!
  • オンライン上で24時間いつでも購入ができる
  • 電子書籍だから本の置き場所に困らない
  • 何冊も持ち運べるお手軽さ
  • どんな本でも気兼ねなく購入できる

kobo端末の魅力1: 目に優しく、疲れにくい

楽天koboは目に優しい

スマホやパソコンは、直接光が目に届くので目が疲れやすいですが、koboはフロントライトになっているので、長時間読んでいても目が疲れにくいです。

kobo端末の魅力2: 文字の大きさが自由自在

koboは文字の大きさが自由自在

文字の大きさだけでなく、文字のフォントを変更することができます。自分に読みやすく設定できるので、お年寄りの方へのプレゼントとしても喜ばれますよ!

kobo端末の魅力3: 大容量でバッテリー持ち抜群

koboは大容量でバッテリー持ち抜群

8GB端末の場合、小説なら約6,000冊、コミックなら約150冊分の電子書籍を収容可能。

外出や旅行の際もこれだけ容量があれば、ずっと読み続けられます。

さらに、バッテリーは毎日読んでいても「1週間以上」持つので、こまめな充電も必要ありません!

kobo端末の魅力4: とても軽い、片手で持っても楽々

koboはとても軽い

▼各kobo端末の重量は以下の通り▼

kobo Nia 172g
kobo clara 166g
kobo libra 192g
kobo forma 197g

持ち運びをして、手で持って使う機会が多い電子書籍リーダーは本体の重量は大事なポイント。

1番おすすめのkobo claraであれば「166g」という抜群の軽さですよ!

▼おすすめはkobo clara▼

楽天公式ページで詳細をみる

広告

楽天kobo全4種類(Nia/clala/libra/forma)比較一覧表

IZ
IZ
kobo端末4種類のスペックを比較していくよ!
kobo全種類

▼kobo端末スペック詳細▼

電子書籍リーダー kobo forma kobo libra kobo clara kobo Nia
ディスプレイ 8.0インチ 7インチ 6インチ 6インチ
解像度 300 ppi 300 ppi 300 ppi 212 ppi
内蔵メモリ容量 約32GB 約8GB 約8GB 約8GB
バッテリー持ち 数週間 数週間 数週間 数週間
ライト ComfortLight PRO ComfortLight PRO ComfortLight PRO ComfortLight
サイズ 177.7×160.0x4.2-8.5mm 159.0×144.0x5.0-7.8mm 157.0×111.0x8.3mm 159.3×112.4×9.2mm
重さ 197 g 192 g 166 g 172g
ページめくり 画面のタップ
スワイプ操作
ページめくりボタン付き
画面のタップ
スワイプ操作
ぺーじめくりボタン付き
画面のタップ
スワイプ操作
画面のタップ
スワイプ操作
防水 IPX8 規格準拠 IPX8 規格準拠
Wi-Fi

▼おすすめはkobo claraです▼

楽天公式ページで詳細をみる

楽天kobo全4種類(Nia/clara/libra/forma)の選び方のポイント

IZ
IZ
書く端末ごとのスペック・特徴を比較していくよ!お気に入りの性能を探してみよう

各端末の簡単な選び方

  • kobo Nia → 一番安いが他の端末より目にやさしくない
  • kobo clara → コスパ抜群で1番おすすめ。悩んだらこれです。
  • kobo libra → ページ送り機能もついて使い勝手抜群。
  • kobo forma → 防水機能有り。32GBの大容量。漫画を沢山読みたい人におすすめ

kobo Niaを比較紹介

kobo nia比較
kobo Niaの特徴・メリット
IZ
IZ
Niaはkobo最新モデルで一番お手頃価格!
  • 価格が全モデルで一番安い
kobo Niaのデメリット
  • 解像度が低い
  • ライトの性能が低い

『快適に読む』ことを前提とするとNia以外を選んだほうが良いです。解像度やライト機能が他と比べて劣るので目にやさしくないからです。

ただ、価格面で見ると抜群に安いです。セール時などは1万円を切ってくるのでお買い得。

IZ
IZ
電子書籍リーダーがどんなものか確かめたい人におすすめ
Kobo Nia ブラック <電子書籍リーダー>

kobo claraを比較紹介

kobo clara HD
kobo claraの特徴・メリット
IZ
IZ
kobo claraはコスパ抜群の電子書籍リーダー!
  • koboで1番低価格
  • koboで1番軽量(166g)
  • 最高画質(300ppi)
kobo claraのデメリット

防水機能がついていない

kobo端末のなかで「kobo clara」のみ防水機能がついていません。

ですが正直、防水機能は特に無くても困りません。ですが、水による事故が心配な人は「kobo libra」「kobo forma」を購入すると良いでしょう。

8GBでも小説が約6,000冊、漫画約150冊入るので十分ですが、「もっと沢山ダウンロードしておきたい!」という人は、

32GBある「kobo forma」を選ぶようにしましょう。

kobo libraを比較紹介

kobo libra 比較
kobo libraの特徴・メリット
IZ
IZ
libraはページ送り機能がついて新登場!
  • ページ送り機能がついている
  • 防水機能がついている
  • 6.8インチとちょうど良いサイズ感
  • ホワイトとブラックの2種類から選べる
kobo libraのデメリット
  • 特になし
kobo claraと比べたメリット・デメリット
メリット 本体サイズが大きくなった
防水機能がついた
ページ送り機能がついて
デメリット 価格が高い

Libraの前身であるauraは解像度が低い、重量が重いなどの問題を抱えていましたが、Libraになってしっかりとデメリットが排除されていました。

ですので、Libraにはこれといって欠点はありません。むしろ機能が追加されて快適性が上がっているほどです。

IZ
IZ
より快適に本を楽しみたいならlibraがおすすめだよ!

kobo formaを比較紹介

kobo forma
kobo formaの特徴・メリット
IZ
IZ
とにかく大容量で本を沢山収納できるんだ!
  • 容量が1番大きい(32GB)
  • 本体サイズが大きく読みやすい(8インチ)
  • 最高画質(300ppi)
  • ページめくりボタンがついている
kobo formaはページめくりボタンがついている

ページめくりボタンがついているのは、「kobo forma」だけ!
↑kobo libraにも搭載されました。

ページ送りがあるので片手で簡単に本を読めてとても便利です。

32GBと大容量で、小説約 28,000 点分、漫画:約 700 点分の容量があるのが一番のポイント。

kobo formaのデメリット
  • 価格が高い

やはりスペックが良い分、価格が高いのがネックです。claraの2倍以上しますからね。

ですが、金額を気にしないという人は最高スペックの「kobo forma」がおすすめでして、容量もたっぷりなので思う存分電子書籍を楽しめますよ!

広告

楽天kobo電子書籍リーダーおすすめランキング

1位 : kobo clara HD
kobo clara おすすめ一位
一番安いのにとても高画質!悩んだらkobo claraが最強です。
libraやformaのようにページ送りボタンがついていないものの、スクロールはスムーズで使い心地も良いです。
おすすめ度

詳細ページをみる公式ページをみる

2位 : kobo libra
kobo Libra おすすめ2位
前作のauraから性能がアップしたlibraは本体にページ送り機能がついて快適度がアップ!
さらに防水機能もついて万が一でも安心。
価格面でclaraより高くなりますが、長く愛用したいのであればlibraがおすすめです。
おすすめ度

詳細ページをみる公式ページをみる

3位 : kobo forma
kobo forma おすすめ3位
大容量32GBで漫画も存分に楽しめます!ページめくり機能で片手で楽々読書も可能。
大画面でじっくりと本を楽しみたい方はformaがおすすめです。
おすすめ度

詳細ページをみる公式ページをみる

楽天koboとAmazon Kindleはどちらがおすすめ?

KindleとKobo比較

楽天kobo電子書籍リーダーと同様に人気があるのが、AmazonのKindle電子書籍リーダーです。

IZ
IZ
実はkoboもKindleもスペック的には大きく違いはないんだ!

なので選び方としてはシンプルに、Amazonをよく使う人は「Kindle」、楽天をよく使う人は「kobo」を購入するのがおすすめです。

ただし、それぞれ特徴がありますので詳しく知りたい方は「Amazon Kindleと楽天Koboを比較!どちらを買うべきかわかります【電子書籍リーダー】」をご覧ください。

広告

楽天koboに関するよくある質問

microSDカードは使えますか?

→使えないので、8GBのclaraで足りなさそうな人は32GBのformaがおすすめです。

本を読むときはWi-Fiが必要ですか?

→必要ありません。電子書籍をダウンロードする時のみ必要になります。

電子書籍はカラーで表示されますか?

→いいえ。全て白黒表示となります。(Kindleも同様)

楽天kobo全4種類比較まとめ

本記事では《【2020最新】楽天kobo全4種類(Nia/clara/libra/forma)を比較!どれがおすすめ?選び方を解説》についてまとめてきました。

各端末の簡単な選び方まとめ

  • kobo Nia → 一番安いが他の端末より目にやさしくない
  • kobo clara → コスパ抜群で1番おすすめ。悩んだらこれです。
  • kobo libra → ページ送り機能もついて使い勝手抜群。
  • kobo forma → 防水機能有り。32GBの大容量。漫画を沢山読みたい人におすすめ

電子書籍リーダーで本を読むのはかなり快適なので、是非楽しい電子書籍ライフを送ってください!

▼おすすめはkobo claraです▼

楽天公式ページで詳細をみる

Kobo Nia ブラック <電子書籍リーダー>

koboを選んだら次は「【2020最新】楽天koboにおすすめのカバー(ケース)をモデル別に紹介【clara/libra/forma】」の記事でカバーも見つけておくとGOOD!

みんなの評価

12345 (4 投票, 平均点: 4.75)
読み込み中...

この記事が役に立ったら是非ポチってください!

Amazonでお得に買い物する裏技
Amazonギフト券チャージでお得に買い物!

Amazonで買い物をするときはギフト券にチャージ(入金)をすると、最大2.5%ポイントがもらえるのでお得に買い物ができます。

▼お得に賢く買い物しよう!▼

Amazonギフト券公式サイトをみる