Kindle

【2019最新】Kindle全3種類の中で1番おすすめはこれだ!選び方を徹底解説

【保存版】Kindle全3種類の選び方を徹底解説。1番おすすめの端末はこれだ!

更新情報

2019.10.20
Kindleの情報を最新に更新

Amazonから販売されている電子書籍を読むための端末、「Kindle」は現在3種類販売されています

3種類の中でどれが一番おすすめなの?
IZ
IZ
最初にぶっちゃけるとKindle Paperwhiteが一番おすすめで最も売れているKindleでもあるんだ!性能、コスパ共に最強。
Kindle端末3種類の特徴

本記事では3種類全てを”徹底比較”して解説していきますので、この記事を読めばあなたにおすすめの”Kindle”が必ず見つけられます(*’▽’)!

他のサイトで全5種類など見ることがありますが、現在は「Kindle Paperwhiteマンガモデル」と「Kindle Voyage」は販売終了状態ですので、全部で3種類です。

「マンガモデルを購入しようと思ってたのに・・・orz」という人はKindle Paperwhiteで32GBの端末が販売されているのでこちらを購入すればOK!

それでは、《【2019最新】Kindle全3種類の中で1番おすすめはこれだ!選び方を徹底解説》について書いていきます。

Kindleって何?どんなことができる?

Kindleって何?どんなことができる?

Kindle(キンドル)はAmazonが販売している電子書籍リーダーです。

電子書籍(本)を読むことに特化した専用端末である「Kindle」のほか、スマホやタブレットでも使える”Kindleアプリ”としても配信されています。

Kindleアプリ

つまり、Kindle端末を買わなくてもアプリをダウンロードすれば同じサービスは受けられるということなんです。

IZ
IZ
iPhoneやAndroidなどのスマホやタブレットでも電子書籍は読めるんだよね。
じゃあ、今持ってるスマホやタブレットにアプリDLすればいいんじゃない?Kindle端末いらないのでは?

↑上記のように思うかもしれませんが、Kindle端末は読書に特化している端末だけあって、それだけ多くのメリットがあるんです。

それを知ったら必ずKindle端末が欲しくなってしまいますよ…ガタガタ…

▼Kindle各端末のおすすめはこちら▼

Kindle 広告なし Wi-fi 4Gタイプ
Kindle Paperwhite 広告なし Wi-fi 8Gタイプ
Kindle Oasis 広告なし Wi-fi 8Gタイプ

Kindle端末を購入するメリット

IZ
IZ
Kindleは普通のタブレットやスマホとは違う機能がたくさん。ここでは4つのメリットを紹介するよ!
Kindle端末のメリット
  1. 目に優しく疲れにくい
  2. 薄くて軽い
  3. 薄くて軽いとにかく電池持ちが良い
  4. 本に特化された機能が充実

Kindle端末メリット1 : 目に優しく疲れにくい

Kindleタブレットは目に優しく疲れにくい

Kindle端末は”ブルーライトゼロ”。

くっきりした美しい文字で、目が疲れにくいので何時間でも読書ができます。紙のような読み心地なので、「本は紙で読む派の人」も一度試していただきたいところ。

さらに、スマホやタブレットだと屋外では光が眩しすぎて画面が見にくいですが、Kindle端末は眩しい光の反射がないため、明るい日差しの中でも快適に読めます。

Kindle端末メリット2 : 薄くて軽い

Kindle端末は薄くて軽い

薄くて軽いということは、持ち運びもしやすく、手で持っていても疲れないということです。

一番人気の「Kindle Paperwhite」の重さはなんと182g

iPad miniでも300gあるのでタブレット型端末としては破格の軽さを誇っています。

カバンに入れて持ち運んでも全然重くないですし、Kindle端末があれば何千・何万冊も読めることを考えたら便利すぎますよね。

IZ
IZ
KindleはAmazonのこだわりをめちゃくちゃ感じる端末だよ!

Kindle端末メリット3 : とにかく電池持ちが良い

Kindle端末は充電持ちが良い

Kindle端末の電池、充電しないでどのくらい持つと思いますか?

IZ
IZ
「3日」とか「5日」くらいかな?

実は、Kindle端末は毎日読んでいても・・・なんと・・・

1週間以上電池が持ちます

めちゃくちゃ凄いですよね。充電をあまりしないで良いのも楽ですし、旅行や出張で気にせず読み続けられるのも嬉しいです。

Kindle端末メリット4 : 本に特化された機能が充実

Kindle端末は他にも様々な機能がある

Kindleは他にも細やかな気配りが沢山詰まっています。

本を読み進めていてわからない単語があれば、「辞書機能」ですぐに調べられますし、老眼鏡を使わなくても、「文字の大きさ」を変えればくっきりと見えます。

本を読む前に、読了までにどのくらい時間がかかるか表示してくれますし、読んでいる途中の本を別の端末で続きから読めたりします。

ユーザーに嬉しい機能が盛りだくさんなKindle端末なのです。

▼Kindle各端末のおすすめはこちら▼

Kindle 広告なし Wi-fi 4Gタイプ
Kindle Paperwhite 広告なし Wi-fi 8Gタイプ
Kindle Oasis 広告なし Wi-fi 8Gタイプ

広告

各Kindle端末の選び方のポイント

IZ
IZ
各Kindleの特徴を知ってサクッと選びたい人のためにザックリまとめたよ!

本体価格 : Kindle(無印) < Kindle Paperwhtie < Kindle Oasis

スペック : Kindle(無印) < Kindle Paperwhtie < Kindle Oasis

Kindle(無印)

Kindle端末の中で1番安くて軽いモデルです。

他の端末に比べて性能はいまいちなので、おすすめはできません。

▼タップで詳細までスクロール▼

Kindle(無印)を詳しく知る

Kindle Paperwhite(NEWモデル)

1番おすすめのKindle端末です!性能もNewモデルになり更にパワーアップしたので、コスパも良し。迷ったらこれでしょう。

▼タップで詳細までスクロール▼

Kindle Paperwhiteを詳しく知る

Kindle Oasis

Kindle端末の中で最強の機能を持っています。特にマンガを読みたいという人におすすめ。

より快適に本を読みたい人にピッタリです。

▼タップで詳細までスクロール▼

Kindle Oasisを詳しく知る

Kindle全3種類比較一覧表

画像 Kindle無印 Kindle PaperWhite Kindle Oasis
種類 Kindle(無印) Kindle Paper White Kindle Oasis
価格(最安値) ¥ 8,980 ¥ 13,980 ¥ 29,980
内蔵ライト LED4個 LED 5個使用 LED 12個使用
明るさの自動調整機能
ページ送り タッチスクリーン タッチスクリーン タッチスクリーン
ページめくりボタン
解像度 167 ppi 300 ppi 300 ppi
バッテリー 数週間
ワイヤレス接続オフ
一日30分使用
数週間
明るさ設定10
ワイヤレス接続オフ
一日30分使用
数週間
明るさ設定10
ワイヤレス接続オフ
一日30分使用
接続 Wi-Fi Wi-Fiまたは
Wi-Fi + 無料4G
Wi-Fiまたは
Wi-Fi + 無料3G
重量 161g Wi-Fi : 182g
Wi-Fi + 無料4G : 191g
Wi-Fi : 194g
Wi-Fi + 無料3G : 194g
サイズ 160 x 115 x 9.1 mm 167 x 116 x 8.18 mm 159 x 141 x 3.4-8.3mm
ディスプレイサイズ 6インチ 6インチ 7インチ
反射抑制スクリーン あり あり あり
ストレージ 4 GB 8 GB / 32 GB 8 GB / 32 GB
防水性能 なし あり あり

▼Kindle各端末のおすすめはこちら▼

Kindle 広告なし Wi-fi 4Gタイプ
Kindle Paperwhite 広告なし Wi-fi 8Gタイプ
Kindle Oasis 広告なし Wi-fi 8Gタイプ

広告

Kindle全3種類のメリット・デメリット

IZ
IZ
「Kindle(無印)」「Kindle Paperwhite」「Kindle Oasis」をそれぞれ比較しながら紹介するよ!

Kindle(無印)のメリット・デメリット

Kindleを徹底比較
Kindle(無印)の良いところ
  • Kindle端末で一番安い(8,980円)
  • Kindle端末で一番軽い(161g)
  • フロントライト付き

初めて電子書籍リーダーを使う人は無印のKindleでもその読みやすさに感動することと思います。

安いというのはそれだけで大きなメリットですよね!

Kindle(無印)の欠点
  • 容量が4GBしか選べない(他の端末は8GB/32GBがある)
  • 解像度が低い(167ppi、他の端末は300ppi)
  • 内蔵ライトが無い(暗いところで読めない)
  • 防水機能が選べない(他の端末は選べる)

他の端末と比べると欠点がかなり目立ちます。

まず、容量が4GBしか無いので漫画を読む人には不向きです。さらに、解像度が低いので画像が少し粗くなります。

4GBのマンガ保存容量 約70冊
8GBのマンガ保存容量 約140冊
32GBのマンガ保存容量 約650冊

最大の欠点として「内蔵ライトが無い」ので暗いところでは読めません。これは大きすぎる欠点です…。寝るとき見えないし、トンネル入ったら見えないし><

→Newモデルになり、フロントライトがつきました!

値段が安い分容量が少なく、解像度が低いため快適性がやや欠けます。

本を読むことが日課の人でしたら上位モデルがおすすめですね。

Kindle(無印)価格一覧表
広告ありWifiモデル(4GB)
¥8,980
広告なしWifiモデル(4GB) ¥10,980

広告ありモデルだと、スリープ状態の解除時とホーム画面の下に広告が出ます。

毎回スリープ解除の時に広告出るのは正直イライラするので無いほうが良いです。

結論 : Kindle(無印)を買うならおすすめは「広告なしWifiモデル(4GB)

Kindle Paperwhiteのメリット・デメリット

Kindle Paperwhiteを徹底比較
Kindle Paperwhiteの良いところ
  • 容量は8GBと32GBから選べる
  • フロントライト付きで暗いところでも読書できる
  • 防水機能つき

防水機能や容量、価格の面からみて一番コスパの良いKindle端末です。

解像度に関しては上位モデルのOasisと同じ300ppiですので液晶も鮮明で快適なんです。

Kindle Paperwhiteの欠点

欠点は特になし

Kindle Paperwhiteは本当に欠点が見当たりません。強いていえば「ページめくりボタン」が無いことですね。

※この機能は現在Kindle Oasisにしか現在付いていません。

Kindle PaperwhiteのNewモデル発売に伴い、回線も4Gにグレードアップしており、この点においては「Oasisを上回り」ます。

容量は8GBと32GBから選べますが、8GBでも一番データの重い漫画を約140冊ほど保存できるので、十分です。

IZ
IZ
コスパ最強で、欠点が特に無いのでKindle端末で迷ったらこれで決まり!

こちらの端末は「広告つきモデル」と「広告なしモデル」がありますが、おすすめは広告なしモデル

32GBモデルに関しては、接続方法が「Wi-Fiのみ」と「Wi-Fi+4G」の2種類があります。

Wi-Fiに関しては自宅にネット環境があるのであればWi-Fiのみで十分です。外出中にもいつでも本をDLしたいという人は「Wi-Fi+4G」モデルの方が便利です。

「Wi-Fi+4G」モデルは広告なしのみ販売しています。

Kindle Paperwhite価格一覧表
広告ありWifiモデル(8GB)
¥13,980
広告なしWifiモデル(8GB) ¥15,980
広告ありWifiモデル(32GB)
¥15,980
広告なしWifiモデル(32GB) ¥17,980
広告なしWifi+4Gモデル(32GB)
¥22,980

 

結論 : Kindle Paperwhiteで一番おすすめは、「広告なしWifiモデル(8GB)

Kindle Oasisのメリット・デメリット

Kindle Oasisを徹底比較
Kindle Oasisの良いところ
  • 画面サイズが7インチと大きい
  • フロントライト付き
  • ページめくり機能付き
  • 明るさ自動調整機能付き
  • 防水機能付き

Oasisならではの高機能の数々。最高の環境を整えて本を読みたい人におすすめの端末です。

 

Kindle Oasisはページめくり機能つき

ページめくり機能はOasisだけの機能で、片手で本を簡単に読むことができます。

Kindle Oasisの欠点
  • 値段が高い
  • 回線が3GとPaperwhiteより遅い

Oasis端末はKindle Paperwhiteの約2倍の価格になりますので、とにかく価格が高いことが欠点ですね。

便利な機能も搭載されてはいますが、値段を見てしまうと「Kindle Paperwhite」で良いな、と僕は思います。

ですが、とにかく高性能が良くて片手で楽々読みたい人にはOasisは最高におすすめの端末ですよ!

Kindle Oasis価格一覧表
広告ありWifiモデル(8GB)
¥29,980
広告なしWifiモデル(8GB) ¥31,980
広告ありWifiモデル(32GB)
¥32,980
広告なしWifiモデル(32GB) ¥34,980
広告なしWifi+3Gモデル(32GB)
¥40,980

Oasisも広告ありなしなど様々なモデルがありますが、1番おすすめは、

結論 : Kindle Oasis で一番おすすめは広告なしWifiモデル(8GB)

広告付きと広告なしはどう違う?

Kindle 広告ありかなしか
IZ
IZ
結論 : 広告なしの方が良いよ!

全てのKindleには「広告あり」と「広告なし」の2タイプがあります。

広告ありを選ぶと、

  • スリープ解除時に広告が表示される
  • ホーム画面下に常に表示される

という非常にストレスが溜まる仕様になってしまいます。

広告なしモデルを選ぶと2,000円高くなりますが、広告が出るよりは払った方が快適に見れますよ!

広告

Wi-FiのみとWi-Fi+4Gはどちらを選ぶのがおすすめか

Kindle Wifiのみでいいか
IZ
IZ
結論 : 自宅にWi-Fi環境があればWi-FiのみタイプでOK

Wi-Fi+3Gもしくは4Gを選んだ場合、どこでも本がダウンロードすることができます。一見便利そうに見えますが使うことは実際少ないです。

Wifiよりダウンロードする時間がかかりますし、今時カフェやホテルでWi-Fiに接続できるのであまり困りません。

そして何より、本体価格が5,000円近く上がります

このことを考えると「Wi-Fiのみ」で十分だと思いますよ!

まとめ : Kindle全3種類を徹底比較した結果

本記事では《【2019最新】Kindle全3種類の中で1番おすすめはこれだ!選び方を徹底解説》についてまとめてきました。

最終結論 : やっぱり「Kindle Paperwhite(Newモデル)」が1番おすすめ

Kindle端末はまだまだ進化していて、端末も新しくなっていくのできっとまた新しいものを買いたくなるので、Paperwhiteが安パイです笑!

Kindleを選ぶポイント

価格やコスト、容量など自分で満足するものを選ぶようにしましょう!

▼Kindle各端末のおすすめはこちら▼

Kindle 広告なし Wi-fi 4Gタイプ
Kindle Paperwhite 広告なし Wi-fi 8Gタイプ
Kindle Oasis 広告なし Wi-fi 8Gタイプ

▼全端末をタイトルタップで確認できます▼

KIndle(無印)
広告ありWifiモデル(4GB)
¥8,980
広告なしWifiモデル(4GB) ¥10,980
Kindle Paperwhite
広告ありWifiモデル(8GB)
¥13,980
広告なしWifiモデル(8GB) ¥15,980
広告ありWifiモデル(32GB)
¥15,980
広告なしWifiモデル(32GB) ¥17,980
広告なしWifi+4Gモデル(32GB)
¥22,980
Kindle Oasis
広告ありWifiモデル(8GB)
¥29,980
広告なしWifiモデル(8GB) ¥31,980
広告ありWifiモデル(32GB)
¥32,980
広告なしWifiモデル(32GB) ¥34,980
広告なしWifi+3Gモデル(32GB)
¥40,980

Kindle端末と一緒に書いたいおすすめのカバーもまとめましたので是非「Kindle Paperwhite(Newモデル)第10世代用カバーおすすめ9選【軽さ・機能で選ぶ】」もご覧ください。

関連記事 : Amazon Kindleと楽天Koboを比較!どちらを買うべきかわかります【電子書籍リーダー】

それでは、楽しい読書ライフを送ってくださいっ!

みんなの評価

12345 (1 投票, 平均点: 5.00)
読み込み中...

この記事が役に立ったら是非ポチってください!

Amazonでお得に買い物する裏技
Amazonギフト券チャージでお得に買い物!

Amazonで買い物をするときはギフト券にチャージ(入金)をすると、最大2.5%ポイントがもらえるのでお得に買い物ができます。

▼お得に賢く買い物しよう!▼

Amazonギフト券公式サイトをみる